荒木あかねのwiki経歴!学歴(高校・大学)を調査!

スポンサーリンク

2022年『此の世の果ての殺人』で第68回江戸川乱歩賞を史上最年少で受賞したことで話題の荒木あかねさん

荒木さんのwiki経歴や学歴が気になりますよね。高校や大学についても調査してみました。

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

荒木あかねのwiki経歴

荒木さんは1998年生まれの24歳。福岡県出身です。

現在も福岡県の実家で暮らしています。勤続2年目の会社員をしながら、執筆活動を行っています。

2022年に「此の世の果ての殺人」で第68回江戸川乱歩賞を受賞しました。

23歳7か月での受賞は同賞の受賞者では初めてだそうです。

「此の世の果ての殺人」は主人公の小春(ハル)と自動車教習教官のイサガワが連続殺人の謎を追う、本格ミステリー作品です。

荒川さんは受賞が決まった瞬間、その場で何度も飛び跳ねて喜んだそうです。

全身で喜びを表しているのが伝わりますね!

スポンサーリンク

荒木あかねの学歴を調査!

荒木さんの学歴ですが、小、中、高の学校名は明らかになっていませんが、大学は九州大学文学部を卒業されています。

中学3年生の時に有栖川有栖さんの「探偵、青の時代」を読んだことがきっかけで小説を書き始めたそうで、そこからミステリー小説の虜になったそうです。

荒木あかねの出身高校

荒木さんの出身高校は明らかにされていませんでした

高校時代もミステリーに魅せられ、小説を書き続けていたけれどなかなか納得したものが書けなかったとインタビューで話しています。

荒木あかねの出身大学

荒木さんは九州大学文学部を卒業しています。

九州大学は福岡県西区に位置し、荒木さんは文学部に在学していたことから伊都キャンパスに通学していたと考えられます。

大学に入ってから新人賞への投稿を始めたといい、今回の受賞作品は3回目の投稿だったそうです。

大学時代からの積み重ねが受賞につながったんですね!

スポンサーリンク

荒木あかねのwiki経歴!学歴(高校・大学)を調査!まとめ

いかがでしたか?

23歳という若さでこのような素晴らしい賞を受賞し、才能を開花させた荒木さん。

これからも面白い作品を世に送り出して欲しいですね。

今後の活躍がとても楽しみです!

関連記事